腰部脊柱管狭窄症は早めの治療が大切|手術で快適生活を取り戻す

医者

体力の衰えではない可能性

腰部脊柱管狭窄症の改善を目指すなら、理学療法や薬物療法を平行して行ないましょう。みるみる健康体へ戻っていきますよ。

疑うべき疾患

女性

高齢になるに従い、当然、体力は衰えてしまいます。高齢になると長時間、長距離歩くことは難しくなり、中には、短時間、短距離でさえ歩けなくなってしまう人もいます。しかし、昔に比べて歩けなくなったのは体力の衰えではなく、腰部脊柱管狭窄症という疾患が原因である可能性があります。歩けなる原因が足の痛み、しびれ、こわばりであり、しゃがんだり、座ったり、前かがみの姿勢をとると症状が治まるようであれば、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いと言えます。腰部脊柱管狭窄症は加齢とともに発症することが多い疾患ではあるのですが、先天性の場合もあり、また外傷によって発症することもありますので、若い人でも上記の状況が該当するのであれば、腰部脊柱管狭窄症を疑うべきだと言えます。

保存療法でも効果あり

脊椎には神経が通っているのですが、神経は脊椎に埋め込まれているのではなく、脊椎の中にあるトンネルの中を通っています。そのトンネルのことを脊柱管と言い、脊柱管が狭窄、つまり狭くなってしまう疾患が脊柱管狭窄症です。そして腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の脊柱管が狭窄している疾患ということになります。脊柱管が狭窄すれば神経が圧迫され、神経が障害されることになりますから、足に痛みやしびれ、こわばりが出てしまうのです。治療は大きく分けて手術療法と保存療法の2つとなりますが、重症でなければ、まずは保存療法を行います。保存療法は検査と服薬によって症状を改善できる治療方法です。手術に比べると時間もかかってしまうので、ゆっくり治したい方に向いている治療法といえるでしょう。逆に病気の状態が深刻化している場合には、手術による治療が行われます。こちらは保存療法に比べて費用がかかるものの、短期間で治療することが可能でしょう。自分の状態に合わせてこれらの治療法を使い分けることで、無理なく腰部脊柱管狭窄症を治すことが可能になります。

鼠径部ではみ出た大腸

看護師

鼠径ヘルニアの原因は、鼠径部での筋膜の劣化にあります。治療は、筋膜の穴を塞ぐという開腹手術でおこなわれています。また昨今では、腹腔鏡による手術の人気も高まっています。鼠径部を小さく切開して、メッシュを挿入するという手術で、体の負担が少ない上に再発率が低いため、注目されています。

詳細

専門的な治療の受け方

医者

世田谷区内でリウマチの治療を受けるときには、通院しやすいクリニックを活用するのが理想的です。検査と問診を通じて的確な診断をする専門医は大人気であり、患者に合った投薬を通じて症状を緩和することが可能です。

詳細

先天性の脳の病気

診察

脳動静脈奇形は脳の動脈と静脈がつながってしまっている先天性の病気で、出血の可能性がある病気です。自分では出血のリスクは分からず、脳動静脈奇形であるか否かの判断もできませんから、検査を受けることが重要です。特に頭痛を感じる人は、積極的に検査を受けるべきです。

詳細